くだらない系 劣等感ライジンガー

【画像】最近のガチャガチャのカプセル開けづらくない?

更新日:

ゲーム大好き、UFOキャッチャー大好き、くじ引き大好き、福引大好き、福袋大好き、ご来店ポイント大好き。

 

劣等感ライジンガー・チリカミです。

 

そして、この系統の中でトップクラスに好きなのが、カプセルトイです。

 

ガチャガチャとかガチャポンとかガシャポンとか、呼び名はいろいろありますね。

最近のガチャガチャが熱い!!

ガチャガチャって、やらないひとは全然やらないんでしょうけど、チリカミはバッチリずっとやってます。

最近は、わたしの世代が子どもだったころに流行ってたアニメとかマンガの復刻ガチャガチャが、少しお高い値段でたくさん出回ってますね。

チリカミといえど子ども時代よりは経済力があるので、昔買ってもらえなかった分を挽回する大チャンス!

あっちもこっちもあれもこれもと、ついついお金を入れすぎちゃいます。

 

童心に帰れるということがどれだけ価値のあることか。

目のつけどころがエグいですが、的確な価格設定だと思います。

 

ごく一部のプレミアム商品を除いて、10~20年前に子どもだった世代に向けたガチャガチャは300円設定がほとんどです。

3回まわしたら900円ですからね!これって1000円札が一枚飛ぶのに限りなく近いですよ。

じゃあ3回もまわすなって話ですが、チリカミには、3回まわさずにはいられない時があるんです

 

チリカミとゲーム

ついでにどうでもよいことですが、チリカミはゲームが大好きです。

 

親がコンピューターゲームの黎明期に青春を過ごし、それに夢中になってた世代なので、物心ついた時にはすでに父と2人でファミコンとかスーファミとかやってました。

もちろんゲームセンターも物心ついた時には通ってましたし、UFOキャッチャーもメダルゲームもやってました。

そうなれば、物心ついた時にはガチャガチャのハンドルを回してるのもごく自然な流れです。

 

「ゲームが好きではない、ゲームをやらない自分なんて自分じゃない!!」と、存在意義をゲームに頼り、半ば狂信している時代も長かったです。

そういったゲームの英才教育(?)を受けて育ったチリカミはすくすくと成長し、立派な劣等感ライジンガーとなりました。

財布がからっぽになっちゃうので現在UFOキャッチャーは自主規制中ですが、ガチャガチャはバリバリやってます。

 


「・・・わたしの姉妹は全然こんなじゃないのに、どうしてわたしだけこんななのかな・・・?」

 

 

チリカミは 急に 悲壮感に おそわれた!

 

 


○○○家の残念な失敗作第二子

何度も名乗っているが、チリカミは劣等感ライジンガーなのである。

 

チリカミという名前

ちなみに、チリカミという由来がよくわからない名前も、父が母と出会ったころにやっていたドラクエ(ふっかつのじゅもん時代)の主人公ゆうしゃの名前として使っていたものを(勝手に)襲名したものです。

父から(勝手に)受け継いだので、チリカミは実は2代目なのでした。

さらにちなみに、チリカミを漢字表記にすると、

散理神

となるそうです。

意味の説明はありませんでしたが、かっこいい名前だなと思いました。わたしに父を超えられる日は来ないかもしれません。

でもやっぱり意味のある名前のような気がしたので、熟考の末わたしが勝手に意味づけをしました。

散理神とは、この世のらすほどの力を持ったである、と・・・・・。

そんな存在になりたくて、劣等感ライジンガーは今日も劣等感に押しつぶされそうになりながらも息してるのです。

ってそんなことは本気でどうでもいいんだよ!!


「ガチャガチャだよガチャガチャ!ガチャガチャのカプセルが開けにくい話!!!」

 

最近のカプセルを開けてみたら

その辺にやりっぱなしでまだ開けてないガチャガチャカプセルがあったので開けてみました。

 

 

「開くかなぁ・・・」

 

 

「うぐぐ・・・・・」

 

 

「うんとこしょ・・・」

 

 

「どっこいしょ・・・・・」

 

 

 

それでもカプは、あきません。

 

 


「よし、ちからづくだ」

 

 

 

 

両手を組んでてこの原理みたいにして強い力を加えることで少し歪ませて、その隙に開けちゃおう作戦です。

 


「せーのっ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

バキグシャァァァ!!!

 

 

 

 

 

 

 

見事に割れました。

高速連続撮影にも関わらず、中身が写ったのはなんとたった一枚。

一瞬で飛び出して、どこかへいってしまいました。落ちたコロンを探すのに1分くらいかかりました。

 

あとちょっと手のひらが痛いです。これは危険ですね、流血一歩手前でした。

 

 

うまくいった試しがあまりない

経験上、歪ませる力を少しづつ加えながら中央のツメ部分をうまく外せるといいはずなのですが、無理です。数えるくらいしかうまくいってません。

 

もうこれ負け戦ですよね。負け戦。

だからきっとうまく開けられなくても所持金は半分にならないはず!!!

 

ほうら、中身はこんなにきれいです。

 

今回出てきたのは、画像左のコロンタイプ。

鏡も本格的だし、超実用的!!

 

 


「そう、だから大丈夫!!!」

 

 

カプセルのみ改良してください

一体何について大丈夫だと言ったのか自分でもよくわからないです。

こんな複雑な心境にならないためにも、バン●イさん、ぜひカプセルの形を改良してください。

 

昔のカプセルがすごく・・・開けやすくて・・・・・。

 

今のタイプも、開けても繋がってるのでバラバラに散らからないというメリットはあるのですが、それにしても開けづらい!

 

わたしのようにそう簡単に開け方をマスターできない者はケガの恐れもございます。

 

どうか、ご検討ください。

(急になんの話をしてるんだろう?)

 


「見習いタップ、いつも肌身離さず持ってるよ」

 

  • この記事を書いた人

飛び火

オムライスが好きです。

-くだらない系, 劣等感ライジンガー

Copyright© トビヒズム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.