くだらない系

異世界に転生したら絶対にやっておきたいこと20

投稿日:

 

お世話になっております、飛び火です。

 

現実が嫌になること、ありますよね。

僕にはあります。

 


もう嫌だ!

 

「もう生きるの疲れた~楽になりたい~」なんて縁起でもないことをなんとなく考えちゃったりして。

そんなカジュアルな現実逃避からディープな絶望まで日によって各種取り揃えたメンタル壊滅オタクの僕、あの“王道展開”に依存してなんとか生きてます。

 

異世界転生・異世界召喚

異世界転生―――――

ごく普通の高校生やごく普通の会社員、ごくごく普通の引きこもりニートなどがある日突然死んじゃったり突如現れた魔法陣に飲み込まれたりして異世界に飛ばされちゃうって展開がメインです。「異世界転生」「異世界召喚」など異世界への行き方によって名前は変わりますが「我々が今住んでいる所謂普通の世界の主人公がそことは違う世界(だいたい剣と魔法のRPGっぽい世界)に飛ばされる」という点でまあほぼ同じですね。なろう系小説(ユーザー投稿型小説サイト「小説家になろう」に掲載されている小説)に多いみたい。

と、ここまでオタク特有の早口でまくし立てましたがこのページに来てる皆さんには野暮な話でしたよね。

僕は小学生の頃から好きなアニメの夢小説(主人公が大好きなアニメの世界に飛ばされちゃう系二次創作)を読んでいたので異世界転生が根っからの大好きです。

 

異世界転生したい!

ある日突然異世界への扉が!魔法陣が!道を拓いてくれると信じてる!

 

というわけで本題に行きまーす。

 

異世界に転生したら絶対にやっておきたいこと20

もしかして本当に異世界に行けちゃった時のために絶対にやりたいことリストを作ります。

チャンスは信じる者だけが掴めるので。

先人たち(異世界転生した主人公たち)の行動を参考に、「これ俺もやりたい!」「こうなったら楽しそう」というイメージトレーニングをしていきます。

 

それじゃあ、いきます!

 

1.目が覚めたら知らない草原にいたい

「ここは……どこだ……?」

 

死ぬなり召喚されるなりで異世界に迷い込んだ主人公がまず降り立つのはだいたいの場合何もない草原。それかただの道。

最初から街にいるのはレアケースと思って良いでしょう。(たまにあるけど)

 


パジャマのまま転生する。

 

見たこともないような本当に何もない草原でぼーっと立ち尽くして、風を全身に浴びていたい。

 

2.突然魔物に襲われたい

そんなこんなで草原でぼーっとしていたら突如魔物が現れちゃったりするんですよね!

見たこともない、絶対に動物ではない禍々しい生き物がこちらに敵意をむき出しに向かってきます。

 

どうしよう、こちとら丸腰、敵わない……!(575)

 

みっともなく逃げ回ったりしてるうちにとうとう追い詰められて、もう一巻の終わり……!!!

って時に、小さい頃からずっと大切にしていたペンダントが光り輝いて、その強い光に魔物が驚いてどっか行っちゃう展開になりたい。

 

3.通りすがりの旅人御一行に助けられたい

よく分からないけど魔物がどっかに行ってくれたのでほっとしていたら、屈強だが気の良さそうな男すらっとしたクールイケメンすっごいお色気美女可愛いマスコット系魔物のパーティが通りがかって助けてくれるやつになりたい。

みんなファンタジーめいた服を着ているから、そこでようやく異世界に来てしまったことを悟りたい。

 

 

4.とりあえず匿ってくれる美人なお姉さんを見つけて居候したい

異世界に来たばかりの時って家もお金も何もないので暮らすところにも食べるところにも困りますよね。

かといって自分で何とかするにはまだこの世界のことを知らなすぎます。

なので、「偶然手助けした美人なお姉さんの家に部屋が余っていたのでお礼として住まわせてくれることになった」がほしいところ。

冒険者になって稼ぎつつ、寝食を共にするお姉さんとの絆を深めていきたい。

 

5.秘めたる力に突然目覚めたい

めちゃくちゃ強そうな魔物って街を襲撃しがちですけど、すっごいピンチとはいえ駆け出し冒険者(しかも異世界に来たばかり)が強い魔物に対抗できるわけありませんよね。

ああでも! 一緒に住んでいる美人なお姉さんが魔物に見つかっちゃった! 絶対勝てないけど助けるしかない! 自分はどうなったってかまわない……!

と我を忘れて魔物に突っ込んでいったら全身がパァァ!と輝いて気が付いたら魔物が消滅しているやつ。

 

やりたい。

 

6.「あなた丸3日寝ていたのよ」と言われたい

目が覚めたらいつものお姉さんの家のベッド。

上半身を起こして「(自分は一体何をしていたんだっけ……?)」とぼんやりしていると「あっ、起きたのね!」とお姉さんが部屋に入ってきて、「あなた丸3日寝ていたのよ。私を助けようとして……」と事情を説明されたい。

そこで初めて、自分がものすごい力を使ってお姉さんを守ったこと・街の魔物を全てやっつけたことを知りたい。

僕は「(もしかして自分にはすごい力があったりして……?)」なんて図に乗りかけるのですが、次の瞬間持ち前のドジでベッドから落下して「全然そんなことなかったな」と一人ごちたい。

 

とにかくとにかく、制御しきれないとんでもない力を使った後は絶対に丸3日は寝て周りの人に心配してもらいたい。

 

7.10人前の料理を平らげても平気な顔をしていたい

丸3日眠った後に家主のお姉さんがご飯を出してくれるじゃないですか。

たぶんいつもよりすごくたくさん、「さすがに食べきれないだろうな」って量を作ってくれると思うんですけど、それを全部平らげちゃってお姉さんに笑われたい。

僕が状況を把握できず頭の上に「?」を浮かべていると「10人前食べるなんてさすが♡」と言われてびっくりしたいしちょっと照れちゃいたい。

魔力を使いすぎたせいで膨大な量の食事を必要としたい。

 

↑異世界チート魔術師の主人公がそんな感じになってて羨ましい 

 

8.倒した魔物の子どもに懐かれたい

魔物のタマゴが庭先に落ちているのを偶然見つけて拾ったところすぐに孵ってしまい、親だと誤解されたい。

懐かれてしまったので仕方なく一緒に暮らしたい。

そしてその道の有識者によって実はすごい神聖な魔物だったことが判明したい。

旅に出た時には守護獣として行動を共にさせることになりたい。

 

 

9.街を救った功績でお城に呼ばれたい

そうして1か月ほど平和な日々が続き穏やかに生活していたところ急に仰々しい手紙が自分宛に届いてびっくりしたい。

よくよく読むとそれはお城への招待状であってほしい。

恐る恐るお城へ赴くと、本人はもう忘れているような先日の街救いの表彰でドギマギしたい。

そしてたくさんの兵士たちの前で王様から直々にものすごく褒められたい。

 

10.助けた敵美少女や負かした敵イケメンが次々と仲間になりハーレムを完成させたい

倒した敵やライバルが次々仲間になってほしい。

大体みんな顔が良くて美人だったりワイルドだったりしてほしい。

美男美女と可愛いマスコットが勢揃いの見た目良いパーティー(男女混合ハーレム)を結成したい。

 

~ちょっと休憩~

……さて、ここまで10の異世界に転生したら絶対にやっておきたいことを本気で考えてきたわけですが、本気すぎてめちゃくちゃ悩んでしまっています。ていうか正直そんなにパッと思いつくものじゃない。

 

あーーー分かんない

 

異世界に転生したらやりたいこととかってなんとなくぼんやりとずっと頭にあるけど、ちゃんと言語化するとかなり難しいっぽいです、みんなもやってみてください。

 

あーーーーーー

 

 

あ~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、「わかんない体操」もしたことですし残りの10、いっちゃいましょう!

 

 

11.王から魔王を倒すようにお願いされたい

最近魔王の活動が活発化しているらしく、魔物による被害が増えているらしいところに王から直々に勇者として指名されたい。

実力を買ってもらいたい。

一緒に住むお姉さんと再会を誓って、男女混合ハーレムを率いて街を旅立ちたい。

 

12.めちゃくちゃすごい魔法を出しまくりたい

実は毎日鍛錬を欠かしていなかったのでレベルがめちゃくちゃ上がっておりすごい魔法を使えるようになってたい。

メラミ程度はもちろんメラゾーマとかベギラゴン級の魔法もちょっと頑張れば使えるくらいのレベルになりたい。

そしてレベルはともかく魔力が無尽蔵なので無限に攻撃魔法を出しまくって敵を殲滅したい。

仲間を守るための殺戮を迷いながらも肯定したい。

 

13.かっこいい剣で無双したい

剣も振りたい。魔法も剣も使えたらすごくかっこいいので。

魔法メインなんだけどここぞという時は剣で決着をつけたい。

魔法の力を剣に纏わせた魔法剣で向かうところ敵なしになりたい。

何もないところに魔力で合成した剣を実体化させるやつもやりたい。

 

 

14.チート級の力でそこまで苦労することなく魔王城にたどり着きたい

上記2つのような強い強い巨大な力でパーティーのみんなの手をほとんど煩わせることなく先に進み、魔王城にも余裕でたどり着きたい。

警備が手薄すぎる魔王城に真正面から楽々侵入しちゃいたい。

 

15.なんかもう魔王と仲良くなっちゃいたい

魔王の間にて、勇者が来るのはまだ先だろうと考えていた魔王にきょとんとされたい。

こちらは真剣に剣と杖を構えるのに「え~、もう来ちゃったの?」って鼻をほじりながら疎まれたい。

さすがに呆れたこちらパーティーと魔王が少しづつ会話をしていく中で何故か意気投合、戦う必要なしに勝利したい。

 

有り余る剣と魔法の力ではなく最終的には友情によって世界を平和にしたい。

そして何故か魔王も仲間に加わってほしい。

 

16.凱旋したら全世界の人からものすごく褒められたい

凱旋した際には世界中の人に褒め讃えられたい。

世界を救った英雄として持て囃されたいし世界中からお見合いの写真が届いてほしい。

パーティーのみんなや家主のお姉さんに嫉妬されて保護中の炎でその大量の写真たちを燃やされたい。

結局は仲間たちからの強い愛を全身に受けていたい。

 

 

17.世界中の要人と仲良しになりたい

凱旋パーティーでは世界中の要人と親しくなりたい。

世界中の要人と仲が良いから色々融通を利かせられたりして、実質世界を牛耳れる位置に立ちたい。けれどそんなことには興味を見せずのうのうと暮らしていきたい。

 

普段はへらへらしているし全然優しいんだけど実は世界を牛耳れるほどの力を持っていたい。

 

~もう1回休憩~

あの、ちょっといいですか。

 

ねえもう大体出尽くしちゃってない??????

 

既に世界中の要人と仲良くなっちゃってるし、もうこれ以上なくない?

あと4、もうこれ以上出ないよ、僕ってどうすればいいの???

 

…………。

 

いや!!!!!まだだ!!!!!まだ諦めちゃだめだ!!!!

 

 

まだまだ勝機はあるはず!!!俺が諦めない限り……ッ!!!!!!!

 

 

ウオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

 

 

18.サキュバスのお姉さんにエッチな夢を見せてもらいたい

サキュバスのお姉さんたちが経営するちょっとエッチなお店でエッチな夢を見せてもらえるサービスを受けたい。

好きな夢を注文するとその日の夜に見せてもらえるシステムで大いに楽しみたい。

でもそれが仲間たちにバレてすっごく怒られたい。

 

↑「この素晴らしい世界に祝福を!」の第9話がまさにそういう回で最高です。

 

19.壁のシミを見つめてるだけで1日を終えたい

勇者だから壁のシミを1日中見つめていても許される。

 

20.宴で好きなだけお酒を飲んで二日酔いで1日中寝てたい

二日酔いで1日中寝てても罪悪感はゼロ。勇者だから。

 

異世界転生したら絶対にやっておきたいこと20、まとめ

以上です。

ここまで書いてみて分かりましたが、異世界転生ってめちゃめちゃ大変なんですね。

 

20って最初に言っちゃった手前、もう後に引けないじゃないですか。

めっちゃ大変でした。最初にでかいこと言うのってやめた方がいいです。

ほんと疲れた。

 

 

結論

 

異世界転生はめちゃくちゃ大変

 

 

軽い気持ちでしようとしない方がいいです。

 

それでは、失礼いたします。

 

 

飛び火

  • この記事を書いた人

飛び火

オムライスが好きです。

-くだらない系
-, , ,

Copyright© トビヒズム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.