二次元考察 劣等感ライジンガー

ジュウオウジャーの6人目が俺らすぎるwww

投稿日:2016-07-29 更新日:

チリカミは毎週ジュウオウジャーを見ています。

ありそうでなかった動物戦隊であり、擬人化動物的存在『ジューマン』が戦士6人中4人を占める、新感覚スーパー戦隊です。

 

そう、今戦士が6人と言いましたね。

そう、激アツお約束の6人目の戦士です。

 

6人目の戦士がめんどくさすぎるww

6人目の戦士、例によって一度悪の道に落とされた系なんですが、こいつがもうほんと、

俗にいう”俺ら”なんです

そして私。

思わず草を生やしちゃいました。

6人目、ジュウオウザワールドのやば過ぎる特徴

ご覧ください。これがザワールドです。

例のスタンド『ザ・ワールド』ではありませんのでご注意を。

 

見た目はまあ、気弱そうな普通の青年。ザワールドに変身した途端めっちゃ強そうですね。

デスガリアンのエクストラプレーヤーとして操られていたところを、イーグルである大和(赤色)をはじめとするジュウオウジャーたちの熱いココロによって正気を取り戻しました。

 

 

こういうボクサーいるよね

ここで、ザワールドことみっちゃん、『門藤操(もんどうみさお)』の特徴です。

  • 友達いない
  • 人との接し方分からない
  • 技術だけは高い
  • 社会の決まりを徹底リサーチ
  • いじめられっこ
  • 卑屈
  • すべてを自己嫌悪に繋げる
  • 友達がいることへの憧れがすごい
  • 想像するリア充像がかなりズレている
  • ガラスのハート

素晴らしい。

特徴を挙げれば挙げるほど、劣等感にまみれていることがわかります。

格闘技を極めていて素でもかなり強い・ぬいぐるみもゼリーもプロ顔負けの完成度なので、能力が高すぎる点はよくいる人(私とかね)とは違う感じがしますが・・・。

しかも激強。

 

しかし、やはり戦闘中にも関わらず、言葉の端をいちいち捕まえて体育座りして卑屈自己嫌悪モードにはいっちゃう辺り、今までのスーパー戦隊にはあまり見なかった相当やばい奴だと思われます。

ジニスにも、心の弱いところを突かれて従属させられてしまっていたようです。

 

 

 

可愛さ溢れるザワールド(みっちゃん)

そんなとても面倒くさい奴であるザワールドですが、そこが可愛かったりします。

友情・愛情に飢えたみっちゃん

 

主人公・大和が操(みさお・ザワールド)の「あだ名で呼べる親友がほしい」という願いを叶えようと、一匹狼を決意した操の去り際に「みっちゃん!今度一緒にご飯食べよう!」と叫ぶと、孤独を誓った直後とは思えぬほど一瞬で戻ってきて、

「いつ!?いつ!?」

と、久しぶりに主人と再会した犬のようで、ものすごくキュンときました。

あまりに突然の出来事に困惑した大和たちの様子を見て、

「なんだ、社交辞令か・・・」

 

とガチへこみする姿も可愛かったです。

 

タスクくんとの友情?はじめてのトモダチ

また、1つ前の会ではジュウオウエレファント、ビビリで文系男子のタスクくんとの(一方的な)友情も芽生えています。

「タスクも不器用で人づきあいが苦手なんだ・・・。じゃあタスクは仲間だ!俺が助けないと!」

 

みっちゃんの心に住んでいる?ジューマンたちとの心の部屋での会議の結果、ある種の勘違いをしてタスクくんに一方的に仲間意識を持つみっちゃん。

 

会議の様子はこんな感じ(参考画像)。

友達がいるという自信のついたみっちゃんはもう強い強い!

何度もタスクくんの名前を呼び(一方的に)アイコンタクトを取りながら敵をバッタバッタ倒しまくりました!

今までの苦戦が嘘のような圧倒的勝利!

その後、唖然とするタスクくんを、半ば強制的にみっちゃんの趣味である釣りへと連れ出すみっちゃんでした。

 

うーん、かわいい!

 

チリカミはこれからもみっちゃんを応援します

妙にシンパシーを感じて、とても面倒くさくて、ガラスのハートでコミュ障だけど異常な強さを持つ犬みたいなみっちゃん。

親近感がすごい!

ので、劣等感ライジンガーはこれからもみっちゃん、そして最初から可愛いと思っていたタスクくんを目で追うことにします。

  • この記事を書いた人

飛び火

ギャーーーーーーー!!!!!!!

-二次元考察, 劣等感ライジンガー

Copyright© トビヒズム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.