ダイエット

停滞期を停滞期と思わないことがダイエット成功の秘訣なのでは

更新日:

こんにちは、佐々木かえでです。ダイエットしてます。

現在5〜6kg落としたところで停滞中です。

 

ダイエットが板についてきた

さて、ダイエットを本格的に始めてから3ヶ月くらい経ちました。

そろそろダイエットというものが板についてきた感じがあります。

 

というのは、ダイエットが生活の一部になってきたんです。

特に無理をしなくても、「ここは食事を控えるべき」とか「今は食べても大丈夫」とか、そういうことがなんとなく分かってきました(と、いうときが1番気が抜けやすいので引き締めています、いま)。

 

ファミレスにも行きますし、ラーメンも食べます。甘いものも食べます。

でも体重は増えません。増えてもすぐに戻るようになりました。

今日はちょうどクリスマスで、また今時期は年末の忘年会も重なってくる時期ですが、何故かなんとかなっています。

この調子でお正月もなんとかしたいところです。

 

私がやっている減量法には問題点がたくさんあります。食事を抜くとか生活リズムがおかしいとか、そういうことって一般的に良くないし、決して人におすすめできるようなことではありません(仮におすすめしても、ニートとかじゃないとできないと思いますが……)。

しかしながら、自分なりに自分の目指す体型になるために続けていけるダイエット方法を見つけることは大切だなってことは強く思いました。

体質も性質も人それぞれなので、外野の意見はそこそこに聞き流すよう努めて自分の道を貫くのが1番ですね。

 

 

停滞期を停滞期と思わないこと

それで、冒頭でも言いましたが私は今、いわゆる停滞期です。

停滞期というのは、ダイエット中にそれまである程度減り続けていた体重が急に減らなくなる期間のこと。

大幅なダイエットをしようと頑張る人がほぼ必ずぶち当たる壁です。

 

停滞期はつらい

停滞期ってつらいです。

私は過去の度重なるダイエットで幾度となく停滞期が立ちはだかり、そして毎度律儀に正面衝突してきました。

頑張っているのに体重が減らないのって、本当につらいよなって心から思います。

なんで減らないんだろうって思ったり、焦ったり。

一刻も早く減ってほしい、頭の中はお腹の脂肪のことでいっぱいになっている……。

なので、停滞期の辛さは痛いほど分かっています。そして、そこで心が折れて挫折(リバウンド)することが多いということも。

 

しかしその上で、今回のダイエットでは停滞期を「無視」することができているのです。

 

停滞期を「無視」する

「無視? 停滞期がないってこと?」

 

……いいえ、停滞期です。

 

停滞期を「無視」するというのは、停滞期であることを気にしないくらい、ダイエットを生活の一部にするということです。

もっと具体的に言うと、自分の普段の行動パターンの根っこにしてしまうということ。流行っているので使いたくないですが「習慣化」とか「ルーティン」とも言いますね。

 

ダイエットを、体重を減らすことを目的とするのではなく「ただの行動」にしてしまうのです。

 

設定した目標を忘れても遂行できるほど生活に馴染ませる

私は運良くダイエットを生活に組み込むことができました。自分に合った無理なく続けられるやり方(これは身体に悪いし拒食症の危険もあるので絶対に真似しないでね!)を見つけたからです。

 

無理なく続けられるやり方なら、生活に組み込んでもストレスを最小限にやっていくことができます。

そして、それはいつしか「通常運転」となるのです。たとえ体重を減らすという目的を忘れても、行動だけは確実に遂行されます。

 

そうすると、停滞期であったとしても、自然と「無視」している状態が生み出されますよね。

これが私の考える理想です。

 

停滞期はダイエットに必要な期間

経験上、体重の減り方にはパターンがあります。


図が汚くて本当にごめん

オレンジ色の丸で囲まれた横線が停滞期で、下降している線が減量できている期間です。

このように、段階を踏んで体重が減っていきます。

 

ある程度停滞期が続いた後はまたグンと減るようになります。

 

停滞期は、減量期に脂肪をグンと減らした状態に身体を慣れさせて定着させる期間。

そう考えると、なかなか減らない辛い期間であることは変わらなくても、ダイエットに必要な期間であることは理解できます。

 

実際、痩せたてのとき(現在と同体重)の見た目と、停滞期を1ヶ月以上続けた今の見た目は違います。

今の方が、痩せている部分とそうでない部分のバランスがちょうど良い感じで、なんかいいな〜って思っています。

目が慣れたのかな?

それとも停滞期の間に身体の脂肪が各部位に移動したりするんでしょうか?

この辺については専門家ではないので確固たることは言えませんが、体感的にはあるんじゃないかな〜なんて思っています(というか、専門家ではないので確固たることを言えないのはこの記事ないしはこのブログ全体に言えることですが……)。

 

ちなみに私は1ヶ月くらい前に「これは停滞期だな」と判断してから、開き直って好きなだけ停滞させています。

道半ばだけれど、まずはこの体重を身体に定着させよう(これ以上は増やさないぞ)という気持ちです。

それが正しいのかは分かりませんが、もう自分のやり方を信じていくしかないので。

 

ゆったりが秘訣、焦りが大敵

とにかく、ひとしきり停滞した後は、また素直に痩せてくれる感じがあります。

もし今停滞期で苦しんでいるのなら、諦めないで、ゆるい気持ちで続けてほしいなと思います。体重は減らなかったとしても必要な期間です。

 

停滞期を停滞期と思わないほどゆったりとした気持ちでやっていくのがダイエット成功の秘訣なら、早く減らしたくて焦ることがダイエット成功のおじゃま虫です。

焦ってるときってすごく辛いので。

 

あと、増えてなければ上出来というように考えると心が楽になりますよ。

私の場合、人生の多くの時期が増える一方だったので……。

 

応援しています

もう少ししたらまた本腰入れて減らそうと思います。

あなたもあなたのペースで無理せずにやっていきましょう。

応援しています。

あすけん(食事を管理してくれる)」や「FiNC(AIによるダイエットのパーソナル指導がある!)」などのダイエットサポート系アプリもオススメなので、やっていきましょう。

 

佐々木かえでのTwitterはこちら→@_sasaki_kaede_

フォローしてもらえると喜びます。

 

このブログの他のダイエット記事はこちらから読めます。

カテゴリ:ダイエット

 

 

P.S.

これを書いてから寝て起きて体重計に乗ったら、BMIが18を切っていました。体重で言うと49.95kgです(身長167cm)。ダイエット前から6~7kg減ったことになります。

こんなの、身長がある程度になった中学生以降初めてのことで、だから目を疑っています。

BMIが18を切ると身体に良くないので今後は筋トレを取り入れるなどしていきたいと思いますが、今はただただびっくりです。

停滞期、突破したみたいです……。

※個人の感想です。医学的根拠はありません。この記事およびこのブログに起因するいかなる損害に関しても筆者は責任を負いません。自己責任でお願いします。

  • この記事を書いた人

飛び火

少食です。

-ダイエット
-, , ,

Copyright© トビヒズム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.